紅参タブレット 紅参エキス

紅参タブレットと紅参エキスを比較!【正官庄】

正官庄は高麗人参の売上が世界一を誇る、最も信頼できるメーカーです。

 

 

その正官庄の飲みやすいタブレットタイプが紅参タブレット。タブレット以外にもエキスタイプの商品が販売されています。それが、紅参エキスですね。

 

紅参タブレットと紅参エキスを比較するイメージ

 

それぞれのメリットやデメリットは?

 

 

今回は、同じ正官庄の紅参タブレットと紅参エキスの違いを比較してみました。

 

 

4つのポイントから比較!

高麗人参の形状

紅参タブレット、紅参エキスという名称からもわかるように、紅参タブレットはタブレットタイプ、紅参エキスはエキスタイプです。

 

 

紅参タブレットは、よくあるサプリやお薬と同じですね。

紅参エキス

一方、紅参エキスはどろっとしたエキス状です。紅参エキスの公式サイトにも参考画像がありますね。

 

 

品質は高いか

高麗人参の品質を決めるポイントは3つ。産地、何年目か、栽培方法です。

 

品質に関しては、紅参タブレットも紅参エキスも同じで、

  • 韓国産
  • 6年根
  • 紅参

 

どちらも正官庄の高麗人参。当然、最高品質のものにこだわって、条件を満たしています。

 

飲みやすさ、飲み方

タブレットとエキスなので、飲み方と飲みやすさには大きな違いがあります。

 

【紅参タブレット】
タブレットなので飲み込むだけ。高麗人参の弱点とも言える、強い苦味を感じにくいというメリットがあります。継続もとても楽になります。

 

【紅参エキス】
エキスタイプで一応そのまま摂ることも可能ですが、基本的には水やぬるま湯に溶かして飲むことになります。飲むだけのタブレットに比べると多少面倒ではあります。

 

紅参エキスの苦味レベルについて

 

公式サイトの苦味レベルでわかるように、やはり高麗人参の苦味をダイレクトに感じやすいデメリットはあり。

 

 

値段、継続条件

 

紅参タブレット 紅参エキス
定期コースの値段 初回2980円

2回目以降7560円
3回目7560円+2000円分のクーポン付き

25270円
継続条件 2回 3回
容量 120粒で1日2〜6粒 100gで、1日1〜3杯(1g〜3g)

 

1日あたりの量を考慮しても、紅参エキスの方は割高になりますね。

 

 

コスパが良いのは紅参タブレットです。また、継続条件も2回なので、総額10540円から(2ヶ月分)とお試しもしやすいでしょう。紅参エキスは最低3回継続、75810円からと始めるには敷居が高い部分もあるようです。

 

 

ぶっちゃけどっちがいい?まとめ

紅参タブレットと紅参エキスの違いをまとめると・・・

  • タブレットとエキスの形状の違い
  • 高麗人参独特の苦味を感じにくい紅参タブレット、苦味が強い紅参エキス
  • 値段にはかなり差があり。総額10540円から始められる紅参タブレット、総額75810円からと費用がかかる紅参エキス

 

どちらも、世界最高の正官庄の高麗人参です。品質は両方とも高く満足できるものでしょう。

 

説明する看護士さん

 

ぶっちゃけどちらがいいか?

 

 

エキスを溶かして飲むことにこだわりがなければ、飲みやすく、コスパも高い紅参タブレットを試されてみてはいかがでしょうか?

 

 

継続条件も2回からなので、お手軽に最高品質の高麗人参を試すことができますよ♪