紅参タブレット 副作用

紅参タブレットに副作用ってあるの?

紅参、6年根、韓国産の最高品質が揃った紅参タブレット。メーカーも10年連続、高麗人参の世界売り上げナンバー1と信頼できる正官庄です。

 

 

その紅参タブレットですが、副作用ってあるの?

 

 

疑問に思う老夫婦

 

 

いくら品質が良くても、紅参タブレットに副作用があると安心して飲めません。そこで、紅参タブレットの副作用についてまとめてみました。

 

 

紅参タブレットの副作用は・・・

まず最初に結論から言ってしまうと、紅参タブレットに副作用はありません

 

 

詳しく確認してみましょう。

 

原材料:高麗人参(紅参)

 

紅参タブレットの原材料は、高麗人参(紅参)のみです。つまり、言い換えると高麗人参に副作用があるのかどうか?ということになりますよね。

 

 

高麗人参の副作用は?

多岐に渡り様々な効能がある高麗人参は、万能薬、不老長寿の薬と言われるほどです。ですが、最初に述べたように高麗人参には副作用はないと考えられています。

 

 

このことは、世界保健機構(WHO)やアメリカ食品医薬品局(FDA)にも認められています。つまり、高麗人参は副作用がない安全なものと考えられます。

 

 

○を持った先生

 

 

しかし、高麗人参を飲んだ方の中には、副作用が出た?と感じる方もいるとか・・・では、それはなぜなのかを確認してみましょう。

 

 

好転反応がでる可能性

高麗人参に限らず漢方薬全般に言えることですが、漢方薬を飲み始めると体に不調に感じる変化が現れることがあります。これは俗に言う、好転反応なので副作用ではありません。この好転反応の変化が体調を悪く感じてしまうので、副作用と考えてしまうことがあるようです。

 

 

好転反応は具体的には・・・

  • 体のだるさ
  • 胃の不調
  • 下痢
  • 動悸
  • 頻尿

などが見られます。

 

 

好転反応は文字通り、体調が好転するときの反応と考えられ、1週間〜2週間程度で治ることがほとんどです。ちなみに、好転反応には個人差があり、出ない場合やほとんど感じない程度であったりするため、人によっては意識しないことの方が実は多くなります。

 

 

まとめ

紅参タブレット、高麗人参に副作用はなし!人によっては好転反応が出るが、1週間〜2週間程度で治る。

 

 

 

紅参タブレットの効果とデメリット【最安値はこちら】 戻る