紅参タブレット

紅参タブレット 6年根と韓国産が使われている理由

紅参タブレットでは、高麗人参の中でも、6年根と韓国産のものだけを使用しています。

 

 

世界ナンバー1の正官庄が選ぶくらいなので、6年根と韓国産が良いのは間違いない?

 

疑問を持つ女性

 

なぜ、紅参タブレットは6年根と韓国産にこだわるかを確認してみましょう。

 

 

紅参タブレット 品質へのこだわり

サポニンの含有量が決め手

高麗人参の強力な効果を得られるかは、品質にかかっています。品質が高いと、効果に直結するサポニンの含有量が多いということになります。

 

 

つまり、大事なのはサポニンの含有量が多いか少ないか

 

 

サポニンの含有量が少なければ、高麗人参とはいえ効果が薄い。多ければ高い効果を実感できます。

 

 

6年根だけを使う

高麗人参は、栽培年数によりサポニンの量が変化します。年数が経つと徐々にサポニンの量が増え、6年根になると最も最大になります。

 

 

ただし、長ければ長いほど多くなるわけではなく、6年目以降はだんだんサポニンの量が減ってくるんです。

 

高麗人参の根

 

つまり、高麗人参は6年根がベスト!

 

 

紅参タブレットでは、100%6年根が使われています。

 

 

韓国産だけを使う

高麗人参は育つ環境により、サポニンの量が変化します。

 

 

なんとなく私たちは、安全性や品質が高そうな国内産を選ぶ傾向にあります。しかし、高麗人参は韓国が本場で、土壌も高麗人参に非常に適しているんです。

 

 

高麗人参は、韓国産が最も品質が高いんですね。

 

 

紅参タブレットでは、100%韓国産が使われています。

 

 

紅参タブレットのメーカーは正官庄

高麗人参の効果を得るには、6年根かつ、韓国産を選ぶことが重要なのですが、その際、メーカーが正官庄であることが大きなメリットになります。

 

世界的に人気が高い漢方の高麗人参は、品質を偽って販売されているものもあります。1年目のものを6年根としたり、産地が違うのに韓国産としたり。

 

 

当然品質が悪いものでは、効果が感じられない・・・ということになるんですね。

 

 

そこで、正官庄の紅参タブレットを選ぶことに意味があります。

 

説明する女性

 

正官庄は、高麗人参の売り上げが10年連続世界一で、さらに唯一、韓国政府が管理・保証しているからです。

 

 

正官庄なら品質が確実に保証されているんですね。もちろん、購入を検討する際は、正官庄の公式サイトを選ぶと確実です。

 

 

6年根、韓国産、正官庄の紅参タブレットで、不老長寿の薬・高麗人参を試されてみては?

 

 

まとめ

紅参タブレットで6年根&韓国産100%なのは、サポニンが最も多く最高品質だから。

 

 

高麗人参を選ぶ際には、合わせて信頼できるメーカーであることも意識しましょう。